クセ毛のケア

クセ毛のケアには、美容室で縮毛矯正やストレートパーマをかけてもらうか、自宅で髪をセットする際にヘアアイロンを使うかにわかれます。

 

縮毛矯正の場合は薬剤によって髪の結合を変え、その部分はカットしない限りはずっとストレートを維持できるようになります。クセ毛の改善法で一番効果があるのがこの縮毛矯正ですが、コストが高いこと、髪にダメージを与えることので、もうすこし自分でがんばると思う人は自宅でのアイロンでケアすることを試みてください。

 

自宅でのアイロンケアは一時的で髪を濡らせばもとのクセ毛に戻るのが難点ですが、自宅で簡単にできてアイロン一つ購入するだけですので、クセ毛の改善法としても安価で済む方法です。

 

ヘアアイロンは毎日使うので、髪へのダメージを軽減するために、以下の傷みにくい使い方を知っておいてください。

 

髪をとかしてから使う

ヘアアイロンを使う時は必ず髪を乾かして使います。ケア剤などをつけて湿ったままでは髪が傷んでしまいます。ドライヤーでしっかりと乾かします。この時にアイロンを当てる前にブラッシングで髪の流れを整えておけばセットしやすくなります。

 

一度に広い面には当てない

ヘアアイロンは一度に広い面に当てないことも大切です。広い面に当てると効きが悪くなります。髪を小分けにしてゆっくりと滑らせるように使えばクセ毛が大分落ち着きます。

 

ヘアアイロンを何度もつかわない

ヘアアイロンを何度もつかうと熱で髪が傷んでしまいます。小分けで、一度ずつ、丁寧に、ヘアアイロンの鉄則です。